自動車買取

ネットで買取店の評判を調べてたどり着くところとは?

良い業者に出会うためには、多くのセールスマンに会ううしかありませんでした。
でも、多くの方は、そんなことしている暇なんかないのですよね。

 

せっかくインターネットがあるので、しっかり『車を高く売る方法』を調べるのがオススメです。

 

良い買取店といっても地域によって力関係や使えるお金また、所属している団体など様々な力関係で成り立っているので一概にどこの買取店なら安心ということは言えません。当然ですが、どこが一番高い買取額を提示するのかも全く見当がつかないわけです。

 

ここで言えるのは、なるべく上流のサービスに申し込んだほうが高値が出る可能性は大きくなるということですね。依頼主に依頼された人がまた誰かに依頼している場合には、あちこちで手数料が発生していまいます。

 

評判の良い買取店をなるべく上流で見つけるためには、てっぺんで申し込むのが一番おすすめということです。

上流のサービスって何のこと?

たとえば、小さな中古車店はどうやって車を仕入れるのかというと、駐車スペースや資金の問題で安い車や回転率の良い車を狙って仕入れていかなければ資金が回らないわけですね。そうすると割と安い車が多く流通しているオークションに参加して車を仕入れるケースが多いわけです。その一つ上のレベルのオークション会場では、下のオークションに流すのを目的にしている業者が参加するオークションが存在するわけです。

 

また、ネットオークションを運営している会社が代理店形式で、看板だけ貸しているケースもありますから、普通の人では、上流かどうかさえ非常にわかりにくくなっているのが現状です。

上流でありさえすればよいのか?

例えば、ガリバーという買取店は、完全に独立しています。
もともとは、中古車店の仕入れ部門として始まった会社ですが、現在では、仕入れという側面を抜け出してしまっているわけです。当然、ホームページで独自に買取の受付をしているのです。

 

当然、このホームページで申し込めばある意味最高に川上に売るので高く売れるような気がするのですが、これも実は本当に上流かというとそうとも言い切れないのです。

ワンクッション入れると買取額が跳ね上がる不思議

通常の買取額は、その車の年式や走行距離、グレードや色などで、ほぼ買取額は決まってしまいます。あまりにも競争が激化しては、買取店みんなが薄利多売で勝負するいかなくなるわけで、ある歯止めがなければ、共倒れになりかねません。現状は、どこもギリギリのところで勝負しているのです。ただ、買取店を紹介するビジネスモデルを間に挟むことによって、競争原理が働くらしいのです。

 

ここにワンクッション入れられることは、買取店にとって新たな信頼の構築にもつながるので、非常に高値がつきやすいというのです。もうひとつの可能性は、上流と下流の業者が同じ土俵で勝負できるとうことです。下流の業者からしたら、普段はありえない土俵に乗ることができる場所なわけですね。
お金が貯まる節約術

良い買取業者エントリー一覧

良い買取業者の特徴

後々もめないためにも良い業者の特徴はしっかり押さえておきたいものです。先方から説明がなかった時には、こちらから確認しましょう!何を確認する必要があるの?一番多いのが契約後の買取額の変更です。契約書を交わしたあとに、買取額が変化することがないことを事前に確認しておきましょう!その次は税金の問題です。3...

続きを読む